カンナビジオールの医療利用の神経学的側面を知ろう!

CBDの神経学的側面

CBDの潜在的な治療特性

カンナビジオール(CBD)は、(THC)デルタ-テトラ-ヒドロカンナビノール精神活性効果を欠いた大麻の主要な二次代謝産物の一つです。これは、潜在的な治療特性の広いスペクトルを有する化合物であり、多くの病理学的条件における神経保護効果を含むことが広く知られています。またCBD神経保護は、その抗酸化作用および抗炎症作用と神経変性疾患の発症および維持に関与する多数の脳生物学的標的(受容体、チャネル)の調節に起因することがわかっています。

ホメオスタシス

いわばCBD自体が投与された人体に大きな影響をおよぼすというイメージよりはCBDが人体の中の受容体に作用し、本来の人間の持っているホメオスタシスを本来の働きに戻し、人体の回復力が向上するという感覚に近く、100%CEDオイルは投与する薬というイメージよりはサプリメントに近い存在です。

実際の前臨床研究の結果を踏まえたCBDの医学的期待

研究方法

前臨床研究の目的はCBDの潜在的な使用での神経学的分野におけるCBDに関連する臨床証拠に関する最先端を記述することでした。方法は神経精神疾患に関する研究を排除した神経学的分野において、他の物質と組み合わせないだけでCBD単独の効果を調査するために行われたすべての前臨床および臨床所見の収集です。

研究結果

以下の持病におけるCBDの潜在的な医療的役割が確認されました。

パーキンソン病(PD)、アルツハイマー病(AD)、多発性硬化症(MS)、ハンチントン病(HD)、筋萎縮性側索硬化症ALS、脳虚血。

この研究の結果としての結論前臨床証拠は、CBDが上記のAD、PDおよびMS患者に有益な効果を生み出すことができることを主に示しています。これらの障害に対するCBD雇用は、よく設計された臨床試験からさらに確認する必要があることも考慮されてはいますが、世界的にも前臨床研究のこの結果は副作用の多いい化学医薬品に頼りたくない方々のための強い味方となったのは確かです。

抗てんかん薬としてのCBDの使用例

現在、抗てんかん活動のCBD前臨床実証が数多くの機関である行われており、難治性てんかんの影響を受ける小児および若年成人における潜在的なCBDの使用により上場を軽減させる可能性を示す標準的な医学的常識があります。

抗てんかん薬に耐性のあるヒトに対してんかん被験者における最近の臨床研究によってこの意見は非常に高く支持されています。

PDにおけるCBDの使用に関する証拠は、まだ十分なデータによってサポートされていないのに対し、少数の患者を含む少数の研究のみが利用可能である。

Aliviol プレミアムCBDオイル CBD1200mg

Aliviol Premium CBD Drops 1200mg

ブロードスペクトラムCBD1200mg配合
(CBG・CBN・CBC・テルペン含有)

AliviolのCBDオイルには、アントラージュを高めるために、レアカンナビノイドのCBG・CBN・CBC等が含まれる特別なCBD原料を使用しています。¥10,800

大麻 古来からの医療的使用法

大麻は、古代から病気を治療するために使用されています。テトラヒドロカンナビノール(THC)は主要な精神活性成分であり、CBDは大麻の主要な非精神活性成分です。

大麻特にTHCを使用されたほとんどの動物モデルでは抗けいれん薬ですが、いくつかの健康な動物ではプロコンブルス剤であることができます。CBDは、多くの急性動物モデルにおいて抗けいれん薬であるが、慢性モデルでは限られたデータがあることも一つ踏まえておきたい点ではあります。CBDの抗てんかんメカニズムは知られていないが、平衡ヌクレオシド輸送体への影響を含む可能性があることがわかり始めています。

CBDの神経保護及び抗炎症作用

CBDは神経保護および抗炎症作用を有し、ヒトに対する使用では十分に許容されていますが、CBDは、不安、統合失調症、中毒、新生児の低酸素虚血性脳症を含むてんかんおよび他の神経精神疾患の医学的後押しの根拠を持ったものとしての位置付けがなされています。しかし、我々は、任意の障害のための純粋なCBDの有効性に関する十分に動力を与えられた二重盲検無作為化、制御された研究からのデータを欠いていることも知っておく必要があり、それが理由に未だに多くの医療機関での大麻の使用はされていないという現状があります。

関連記事