気分がなかなか上がらない時に,カンナビノイドが効果的

気分が上がらない日が続く時が多い方へ

気分障害

気分障害とは気分に関する障害をもつ精神疾患の一群で、生活の多くの領域に悪影響を与える可能性のある一般的な精神障害です。気分や行動だけでなく、食欲や睡眠などのさまざまな身体機能にも影響を与えます。大うつ病の人は、かつて楽しんだ活動に興味を失い、日常の活動に苦労することがよくあります。

幻覚と妄想をみる可能性

うつ病の人の約20%にも精神病の症状があると推定されています。この組み合わせは、精神的鬱病と呼ばれることもあります。この状態により、人々は現実ではないことを見たり、聞いたり、信じたりします。 精神病的特徴を伴う大うつ病性障害には2つの異なるタイプがあります。どちらの場合も、妄想と幻覚が見られます。

幻覚と妄想の内容が典型的なうつ病のテーマに罪悪感、または無価値感が含まれる場合があります。一部の人々はまた、妄想と幻覚の中で気分一致と気分不一致の両方の組み合わせを経験するかもしれません。 妄想や幻覚は恐ろしく、自殺のリスクを高める可能性があるため、どちらのタイプの症状も特に危険です。迅速な診断と治療は、誰かが自分自身や他の人を傷つけないようにするために重要です。

症状

精神的鬱病の症状は何でしょうか、 一般的な症状は次のとおりです。

・倦怠感 過敏性 集中力の低下 絶望感や無力感

・無価値感や自己嫌悪感 社会的孤立 かつての興味の喪失

・多すぎる 食欲の変化 突然の体重減少または体重増加 自殺の話し合い

精神病の特徴

 

精神病は、現実との接触が失われることを特徴としています。精神病の症状には、妄想、誤った信念や誤った認識、幻覚、または存在しないものを見たり聞いたりすることが含まれます。 一部の人々は、実際には癌ではないのに癌があると信じるなど、自分の健康について誤った信念を抱いています。他の人は、「あなたは十分ではない」または「あなたは生きるに値しない」などのことを言って、彼らを批判する声を聞きます。 これらの妄想と幻覚は、それらを経験している人には本物のように見えます。時には、誰かがパニックに陥り、自分自身や他の人を傷つける可能性があります。

治療方法

現在、特に精神的鬱病のためにFDAなど公式な医療機関が承認した治療法はありません。ただし、この状態は、抗うつ薬と抗精神病薬の組み合わせ、または電気けいれん療法(ECT)で治療することができます。ただし副作用の強いものですので医療提供者またはメンタルヘルスの専門家と話し合う必要があります。

ほとんどのメンタルヘルス専門家は、抗うつ薬と抗精神病薬の組み合わせを処方します。これらの薬は脳内の神経伝達物質に影響を与えますが、精神的うつ病の人ではバランスが崩れることがよくあります。

多くの場合、フルオキセチン(Prozac)などの選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が、次の抗精神病薬のいずれかと一緒に使用できます。

  • olanzapine (Zyprexa)
  • quetiapine (Seroquel)
  • risperidone (Risperdal)

精神的鬱病のある人は、他の人と同様に薬に反応しないかもしれません。このような場合、症状を和らげるために電気けいれん療法(ECT)が必要になることがあります。電気ショック療法としても知られているECTは、自殺念慮や精神的鬱病の症状を持つ人々にとって安全で効果的な治療法であることが証明されています。一般的に精神科医によって行われるECTの間、制御された量の電流が脳に送られます。これは軽度の発作を引き起こし、脳内の神経伝達物質のレベルに影響を与えます。 ECTは通常、全身麻酔下の病院で行われます。精神的鬱病の重症例では、特に自殺未遂が行われた場合、入院が数日間必要になることがあります。

薬に頼らない選択肢として自然由来のカンナビノイド

いくつかの動物実験では、CBDには抗うつ作用がある可能性があることが示唆されています。 これは100%明確ではありませんが、「幸福分子」と呼ばれることが多いセロトニンと関係があるとされています。

2019年に行われたこの実験によりCBDが脳由来神経栄養因子(BDNF)の増加を引き起こす可能性があることを結論づけました。低レベルのBDNFはうつ病に関連しているためによってCBDが抗ストレス効果をもたらす可能性があると結論付けました。ストレスはうつ病やその他の状態に寄与する可能性があるためこの効果はうつ病と不安の両方を経験する人々に利益をもたらす可能性があります。

¥7,150 (税込)

特徴
CBDを500mg配合したCBDオイルです。
オレンジスイートとラベンダーのフレーバーで、使う人を選ばないのが特徴です。
キャリアにオーガニックMCTオイル、香料にオレンジスイートとラベンダーの天然エッセンシャルオイルを使用しています。
リラックス効果で仕事終わりに一息つきたいときにオススメです。

オススメの使用方法
1日 1~2回、1回 3~4滴を目安にお召し上がりください。
CBDオイルをそのまま舌にのせ、30秒から60秒位口の中でゆっくり、浸透させてから飲み込んでください。

CBDにより、まず睡眠をしっかり取れるようになります。

数日で体に確かな実感を感じられるでしょう。

関連記事